防犯上の管理のために防犯カメラや鍵を見直す

設備の問題を迅速に解決してくれる

ドアノブを修理する

ドアノブは職場や会社等で壊れてしまうことがあり、専門的な修理業者がいます。修理業者は電話応対を行うところと、実際に修理を行う人との2種類がいます。深夜や早朝でも対応してくれることが多く、迅速に対応してくれます。

続きを読む

鍵のトラブルに

鍵のトラブルに鍵の救急車を使ってトラブルを解消してもらうことができます。トラブル時の対応だけでなく、鍵の取り付け等にも対応を行ってくれるので、不安な時にも相談することができます。

続きを読む

多彩なラインナップ

鍵を紛失したら、焦らずに専門業者に相談することが大切です。迅速に対応してくれるこちらなら、問題解決まで早いですよ。

パナソニックの多彩なラインナップ

パナソニックのエコキュートには、一般地向け、寒冷地向け、塩害地向け、寒冷地でかつ塩害地向けがあります。一般地向けの中にもパワフル高圧、フルオート、セミオート、給湯専用があり、それぞれの中にもKUGCシリーズ、KUGシリーズ、SUGCシリーズなど多くの種類があります。どれが自分の家に最適なエコキュートなのかを知るには、パナソニックのエコキュートのサイトでカンタン選び方ガイドから、住んでいる地域と家族の人数でタンクの容量を決め、全自動から手動タイプから選ぶとぴったりなものを提案してくれます。 価格は一般地向け、家族が3〜5人、370Lのフルオートで23〜25万円程度、460Lでは27〜30万円程度になります。またそれぞれ酸素入浴機能が付いたものや薄型のものなどで価格は変わってきます。

エコキュートの歴史と進化

エコキュートの正式名称は「自然冷媒ヒートポンプ給湯器」で、関西電力の登録商標ですが、日本の電力会社や給湯器メーカーで愛称として使われています。ヒートポンプはエアコンなどの空調技術を応用して開発されたもので、2001年にコロナが最初に販売しました。翌年パナソニック他複数の企業のエコキュートが省エネ大賞の経済産業大臣賞を受賞し、2007年に100万台、2009年に200万台、2014年には400万台を突破して普及を広げています。パナソニックもエコキュートの販売を開始し、低ランニングコストの実現と独自の高性能真空断熱材の使用で貯湯ユニットの効率を上げています。またお湯の使用状況から昼と夜のお湯の沸かし方を学習して節電できるシステムを備えています。

おすすめリンク

住まいの防犯

住まいの防犯として、防犯カメラを付けるということもあります。もともと店舗では24防犯カメラを設置していることを明確にして、防犯を行うということがありましたが、一般の住宅でも利用されることが有ります。

続きを読む

防犯ガラスの取り付け

ガラス交換の際に防犯ガラスにすることがあります。防犯ガラスは、特殊なフィルターが絡められており、割れにくいだけでなく、突き破ることができないというメリットがあります。破れにくいことから棒を侵入させることもできなくなります。

続きを読む

鍵の管理

鍵は安全に生活する上でとても重要です。しっかりと管理を行うことで、防犯につなげることができます。鍵の紛失は業者を呼んで対応してもらうことになることも多く、時間とお金がかかってしまいます。

続きを読む